◆物流倉庫会社の皆さん、臭いでお困りではございませんか?
カルモアでは一般的なオフィスやマンションだけではなく、大型物流倉庫の脱臭作業も請け負っています。
大型物流倉庫では賃貸料を払って頂き物を保管している事が殆どです。

その場合、借り手側が契約を解除して物を引き上げる際に、それまでニオイの強い商品、製品等を置いているとその臭気が倉庫内に残ってしまう事があります。

例えば、漢方薬に使う薬草、トイレ等に置いて使用する芳香剤、車のタイヤ等がニオイの強いモノとして挙げられます。
これらニオイが強く残ってしまう様な商品を置いた後に、アパレル商品や食料品、飼料等を置いてしまうと以前あった商品のニオイが移ってしまい、商品価値や商品の質が落ちてしまう事が懸念されます。

ある程度の強さニオイであればニオイが抜けるまで、倉庫内を空にして換気を続ける等して何とかニオイをなくせるかとは思います。

ただし、前述した様なニオイの強い商品を長期でお預かりしていた場合、換気でニオイを飛ばそうにも、長期間換気を続けなければならず、
その間新しいお客様の荷物を受け入れる事ができません。

1坪の賃料が平均5,000円/月として、1,000坪の倉庫のニオイを3ヶ月間換気のみで飛ばそうとすると、15,000,000円の機会損失が出てしまいます。

そのニオイをカルモアの脱臭技術を用いて脱臭作業を行えば、僅か20日間の作業で新しい荷物を受け入れる事ができる位まで脱臭する事が可能です。費用や日数は庫内の容積や残存するニオイの質、強さによって変動致します。

脱臭方法と致しましては、大型オゾン脱臭機を複数台使用し庫内にオゾンガスを充満させて対象臭気を分解していきます。

 

 

 

 

 

それと併せて、カルモアでは臭気に合わせた消臭剤「マイクロゲルシリーズ」をもっている為、脱臭作業時にその消臭剤「マイクロゲル」を併用する事によって、より脱臭効果が期待でき脱臭期間の短縮にも繋がります。

 

 

 

 

 

更に、脱臭作業前後にはニオイセンサーでの臭気の強弱と、臭気判定士という国家資格をもった者の嗅覚による臭質と臭気強度の判定を行いますので、
しっかりとした脱臭目標値をご提示の上作業を行い、次に荷物を置くお客様にも納得して頂ける様な御報告書を作成させて頂きます。

現在では物流倉庫会社の方から、ニオイが強く残りそうなモノを置く前にニオイの測定を行っておき、テナント様が出て行かれる際の現状復旧としてどのくらいの費用が掛かるのかを事前に御見積する事も増えてきています。

ニオイが気になる、ニオイで困っている、ニオイをどうにかしたい等々、ニオイのご相談は是非ともカルモアにご連絡ください。

経験豊富な臭気判定士が適切な脱臭方法、対策方法をご提案させて頂きます。