全国対応のカルモア

原因不明の異臭分析

カルモアの原因不明の異臭分析

ガスクロマトグラフィー質量分析法を用いて、サンプル(現場でサンプリングしたもの)内の有機化合物の定性・定量を行う手法です。有機化合物の中ににおい物質も含まれるため、この分析を行えば、サンプルの中にどんなにおい物質がどれくらい含まれているのかが分かります。

異臭発生源が固体・液体・気体を問わず、どんな臭気成分が(定性)どのくらいあるのか(定量)を分析することができます。同時に、なぜそのような成分が発生したのかを化学的知見により解析し、報告書としてご提出します。

■サンプリング時間
1カ所15分程度
※分析する内容により変わる可能性もあります。
■報告書の提出
通常、サンプリングから3週間程度
■価格
直接お問い合わせ下さい。サンプルを直接送って頂く場合や、作業員がサンプリングに行く場合で価格が異なります。
■注意点
においが弱い場合は、分析しても数値に出てこない可能性が高くなりますので予めご了承ください。

原因不明の異臭分析

臭気の測定は非常に多くの測定方法が確立されております。
その為、臭気の分析を行う場合、幾多の方法の中から目的に見合った分析技術の選定が欠かせません。間違った分析方法、安易な分析方法の選択は結果的に「高い費用を出して分析したけど何も判らなかった」という最悪の結果を招きます。

カルモアの異臭分析は豊富な分析経験をもとに臭気判定士の資格を有する空気環境コンサルタントがお客様の要望をヒアリングし、最適かつ確実な分析方法を提案いたします。
ごく微量の臭気物質の存在や発生要因を突き止めていく作業です。
その為、コンタミネーションの影響を最小限におさえるためカルモアではケミカルフィルター付きクリーンルームを保有する企業と業務提携し、分析精度を高めております。

分析例-1 室内空間中の異臭分析

空間内に発生した原因不明の臭気の発生原因から発生物質までを突き止めます。
十分なヒアリングの後、カルモアの採取員が現場に赴き、臭気を採取して微量分析を行います。
近年は建材同士が化学反応を起こし、有害な物質を生成してしまっている事例がよくあります。

分析例-2 製品中の異臭分析

プラスチックや樹脂、建材などから原因不明な臭気が発生しており、その発生原因を突き止めたい場合にはぜひカルモアの異臭分析をご利用ください。豊富な経験から臭気成分の同定からその発生原因の追及。サービスとして脱臭が得意なカルモアだからこそできる、その異臭の抑え込む方法までをも伝授いたします。

分析例-3 工業排気臭の異臭分析

脱臭対策を本格的に考えていく場合、臭気成分の把握が欠かせません。特に食品臭や発酵臭など、多くの臭気成分が混じり合った複合臭気であればあるほど臭気成分を把握することが、脱臭対策の始まりでなければなりません。カルモアでは脱臭対策を始めようとするお客様を豊富な分析技術でサポートし、さらに、分析結果からでた臭気成分や成分濃度から最適な脱臭対策をご提案させて頂いております。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5540-5851 電話受付時間 9:00〜17:30(土日祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 株式会社カルモア All Rights Reserved.